バセドウ病のケア

甲状腺ホルモンのために、ちゃんとしたケアをしておかないと、これから大きな症状が起こってしまうかもしれないと言われました、、、。治療にはホルモンの分泌を抑制する薬の内服、甲状腺細胞を減らすアイソトープの内服、甲状腺を切余する手術の3種類があり、症状の程度や妊娠、郵務などを配慮して選択をすることが大事と言われている。

ホルモン全般が変動しやすい妊娠や出産がパセどう病の発症や再発、悪化の引き金になることも言われている。出産後再発や悪化することも多いために、症状がひどくなる前に、自分に必要なことをしておかないといけないと言われている。

不妊や不育との関連もあると言われているために、今自分にとって本当に大切なことは何なのかを考えておかなくてはいけない。

20代後半から疲れやすさや微熱、吐き気が出ているために、ちゃんとしたケアをして、心がけもしておくこと。

[PR]
by dybtbu2 | 2015-08-02 10:21


<< 口臭の原因にメチルメルカプタンを使う